プラグインなしでAdSenseの広告を貼る方法(自動広告を特定ページだけ非表示)

グーグルアドセンスの広告を貼るには、様々な方法があります。

テーマのウジェットを使う方法や、プラグインを使う方法、記事内に直接記載する方法などです。

私は記事の内容によって広告の挿入位置や数を変えたいので、一番下の広告以外は、記事内に直接挿入しています。

みっぴー

もちろん、毎回長いコードを貼るのは邪魔なので、記事内に直接記載する場合は、ショートコードなどを使って挿入しています。

みっぴー

いずれにしても、私はプラグインをなるべく使いたくない!

なので、今回はプラグインなしでAdSense広告を貼る方法をご紹介します。

アドセンスの自動広告をヘッダーに挿入すると、お問い合わせなどの内容が薄い固定ページにも表示されてしまうことがあります。

それは避けたいので、自動広告も自分だけ非表示にする方法と特定の固定ページだけ非表示にする方法も合わせてご紹介します。

プラグインなしでAdSense広告を挿入する方法

アドンセスの広告挿入をする時に、私は自分(ログイン中のユーザー)だけ非表示になるように設定しています。

記事を作る時に、何度もプレビューしたり修正する時に、アドセンスの広告が表示されるのがとても気になってたからです。

Quick Adsense」などのプラグインを使えば、新しいバージョンだと管理画面内では表示されないようになったみたいですが、何も表示されないと私自身が広告を挿入するのを忘れそうなので、私は管理画面にはフェイス画像を表示させる方法を採用しています。

下記のような画像を自分だけ表示して、訪問者にはちゃんとアドセンスの広告を表示しています。

これも、プラグインなしで表示ができるようにカスタマイズしました。

詳しくは、別記事でまとめたのでそちらを参考にしてください。

【大注目の新テーマ】

AdSense自動広告もカスタマイズ

AdSenseの自動広告は、自分のページは、全部非表示にしています。

なおかつ訪問者には、特定のページだけ非表示に設定しています。

方法は、「WordPressのheadタグ内にプラグインなしで挿入する方法」で作成した「hm.php」ファイルに下記を入れると可能になります。

hm.php
<?php if(!is_preview() && !is_404() && !is_user_logged_in() && !is_page(array('site','otoiawase','aboutme','sitemaps','privacy-policy'))) : ?>
<!-- AdSence 自動広告 -->
ここにあなたのAdSense広告のタグを入れてくださいね。
<!-- /AdSence 自動広告 -->
<?php endif; ?>

こちらの設定で、プレビュー中と、404ページ、ログインユーザー(ブログ管理者)には、ページ関係なくAdSenseの自動広告が表示されません。

MEMO
「!is_page」の部分で固定ページを除外する設定をしていますので、黄色の文字の部分を除外したい固定ページのURLに変更して使ってください。


たとえば、

https://benri-no1.com/otoiawase/」を除外したいのなら、「otoiawase」の部分だけ入れてくださいね。

確認方法

全部設定が終わったら、必ず確認してください。

みっぴー

表示されてなかったよ!と言われても、責任は取れません!

確認するには、WordPressの管理画面からログアウトして、ご自身のブログをチェックしてみてください。

念のため、パソコンとスマホの両方から確認しておいてくださいね。

最後に

ブログを収益化するにあたって、アドセンスの設定はとても大事です。

みっぴー

しっかりと表示されているかどうか確認した上で活用してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です