賢威7のトップページの記事一覧の間に広告を挿入する方法

賢威7のトップページの記事一覧の間に広告を挿入する方法について

賢威7のデザインがマジでカッコイイとご紹介しましたが、オリジナリティを出すためにも、カスタマイズはしたいものですよね。

そこで、今回は賢威7のカスタマイズ

トップページの記事一覧の間に広告を挿入する方法をご紹介します。

トップページに、記事一覧が載っていますが、その記事と記事の間の好きなところにアドセンスなどの広告を挿入する方法をご紹介します。

アドセンス以外の広告も挿入できるので、参考にしてみてください。

※賢威7以外でも、使えますがお使いのテーマによっては上手くできない場合もあります。

【スポンサーリンク】

トップページの記事の間に広告を挿入する手順

1、phpのコードを書き換える

トップページなどの記事一覧が表示されているphpの中から下記のコードを探してみてください。

※賢威7の場合は、「cont.php」の中にあります。


while (have_posts()) : the_post();

上記のコードを見つけたら下記に書き換えてください。

while (have_posts()) : the_post(); $counter++; ?>

2、広告のコードを挿入する

次に下記のコードを探してください。

</article>

見つけたら、このコードの下に下記を挿入してください。

cont.php
<?php if ($counter == 3) {

print <<<EOD

ここに、広告などのコードを入れる

EOD;
} ?>

上記の3の部分が何番目に広告を挿入するかを決めれるので、数字を任意に変更すれば広告挿入箇所を変更できます。

スマホとPCの条件分岐を使う場合

この方法でスマホとPCの条件分岐を使って表示するものを変える事も出来ます。

下記の条件分岐のコードと先ほどの合体して使えばokです。

cont.php
<?php if(wp_is_mobile()): ?>

スマホのみで表示したいもの

<?php else: ?>

PCのみで表示したいもの

<?php endif; ?>

上記の条件分岐を使います。


下記のように、先ほどのコードと合わせて使うことでトップページの記事一覧の好きなところに、スマホだけ、PCだけの広告などを挿入できます。

cont.php
<?php if(wp_is_mobile()): ?>
<?php if ($counter == 3) {
print <<<EOD

ここに、広告などのコードを入れる

EOD;
} ?>
<?php else: ?>

<?php if ($counter == 3) {
print <<<EOD

ここに、広告などのコードを入れる

EOD;
} ?>
<?php endif; ?>

まとめ

この方法を覚えておけば、他にも色々と応用が出来るので、とっても便利ですね。

【スポンサーリンク】